博士学生のLife Hack

博士学生のLife Hack

博士課程の日々を効率化するためのあれこれ。と趣味のログ。

横幅70mm未満。コスパ最高のgooのスマホ「g05」を購入!

f:id:dr_lifehack:20180117235358j:plain

小型スマホへの機種変更および格安SIMへの乗りかえを考え、昨年は2つの記事を投稿しました。

dr-lifehack.hatenablog.com

dr-lifehack.hatenablog.com

 

叶わぬ願いと思っていたSIMフリーAQUOS R Compact登場が現実のものとなってしまい、やや戸惑っています。だってもう、機種変更しちゃったし…。

 

gooのスマホ「g05」

こちらが新たに購入したgooのスマホ「g05」。これで「ぐーまるご」と読むらしい。

https://product.goo.ne.jp/smartphone/g05/

秋葉原の家電屋さんで、新品を\14,000弱(税別)にしてくれるというので、あまりの安さに思わず購入してしまいました。

その後、ヨドバシアキバのSIMフリーカウンターへ直行し、各社の説明を聞いた上でBIGLOBEモバイルを選択、即日開通となりました。

docomoの2年契約が満期になっていなかったので、違約金をいくら取られるのか不安だったのですが、BIGLOBEモバイルのキャッシュバック分で相殺できるようになっていて一安心。

各社、乗り換えのハードルを下げる取り組みをしているのですね。

今のところ、通信速度の遅さなどは個人的に気になりません。

 

g05 vs. Xperia Z1

f:id:dr_lifehack:20180117235311j:plain

▲左がg05、右がXperia Z1。g05の横幅はマス目7つ分に満たない。(1マス1センチ)

寸法・質量

  • g05                      約142×67×7.2 mm        約140 g
  • Xperia Z1            約144×74×8.5 mm        約171 g

g05は、個人的な基準としていた横幅70 mm以下をクリア。

さらに、30 gほど軽いので片手操作がずいぶん楽になりました。

これぞスマホ

挙動

2015年12月発売の機種ですが、動作には不満はありません。

軽いネットサーフィンが主となる私の使用状況では、Xperia Z1と同等の挙動と感じます。

その他機能

g05はホームボタンで指紋認証ができて非常に便利。

虹彩認証はやたらと時間がかかるわりに、失敗することの方が多いのでまったく使っていません。

NFC機能が搭載されていないので、デジタルカメラとの連携などでやや不便を感じますが、購入価格を考えると許せるレベルです。

 

まとめ

約2年前に発売された機種ですが、購入価格からするととても良い買い物ができたと満足しています。

iPhoneXperiaの上位機種はとてもスタイリッシュで心惹かれますが、自分の使用状況では今後もこれくらいの機種で十分かな~。

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』を読んだ

f:id:dr_lifehack:20171119120639j:plain

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

「いまさら聞けない ビットコインブロックチェーン」を読みました。

著者の大塚雄介氏は、仮想通貨の交換取引所Coincheckを運営するコインチェック株式会社の最高執行責任者です。

 

ビットコインブロックチェーンフィンテック

言葉だけ知っている状態だったこれらのワードが丁寧に解説されており、仮想通貨の全体像をつかめました。

仮想通貨交換取引所の運営会社COOと立場もあってか、ビットコインとその基盤技術の安全性についてかなり擁護的な印象を受けましたが、入門書ということで仕方ないところでしょうか。

 

ビットコインなんて使わなくたって現状は何も不便していないわけですが、5年、10年とするとスマートフォンのように必需品になっていくのでしょうか。

ビットコインつかえます」というお店も見かけるようになりましたし、実際にお金として使ってみようかな~。

 

雨天時に写真撮影をするための装備を考える

f:id:dr_lifehack:20171108232230j:plain

激しい雨が降り続いた10月29日の天皇賞(秋)を制したのは、キタサンブラックでした。

名手武豊の好騎乗はあったにせよ、極悪の馬場の中、出遅れたロスをチャラにしてしまった強さは圧巻の一言。

ジャパンカップ有馬記念と引退まで無事に走りきってほしいものです。

 

さて本題です。

今回は雨の日に屋外で写真撮影を行うときのベスト装備を考えます。

天皇賞(秋)当日、現場は朝からとんでもない雨でした。

イメージとしては、夏場の豪雨が20~30分おきくらいに降るくらいの感覚でしょうか。

私のカメラ歴の中では間違いなく最悪な撮影環境でした。

 

私の装備

服装

上:UNIQLO ブロックテックパーカ

下:UNIQLO ブロックテックウォームイージーパンツ

靴:スニーカー(防水スプレー済み)

雨具:ビニール傘

 

正直、そんなに降るとは想定していなかったので、手持ちのものでなんとかしました。

レース中は傘をたたんでいましたが、中に着ていた服はノーダメージで済みました。UNIQLOのブロックテックさまさまですね。

防水スプレーをしっかりかけていたためか、靴内部への浸水は意外と避けられました。

 

カメラまわり

カメラ:Canon EOS 7D

レンズ:Canon EF300mm F4

レインカバー:タオル

 

レインカバーを持っていないので、カメラとレンズを大きめのタオルで覆いながらの撮影になりました。

結論を言うと、この装備でなんとかなってしまったのですが、カメラやレンズの保護を考えると相当に危ないことをしていますよね…。大反省。

帰宅後即、ドライボックスと乾燥剤で作った簡易防湿庫にカメラとレンズを突っ込み、今のところ事なきを得ていますが…。

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

  • 出版社/メーカー: ハクバ
  • メディア: Camera

 

以上をふまえて、私の改善策

カメラ、レンズを雨から守るためにレインカバーをする

レインカバーはマストで必要だと感じました。

ベテランと思しき方々は機材が段違いに高級ですし、当然のごとくレインカバーをしていました。

純正である必要もないと思いますので、三脚でもお世話になっているVelbonの製品でいいかな。

Velbon カメラレインカバー 390608

Velbon カメラレインカバー 390608

  • 出版社/メーカー: ベルボン
  • 発売日: 2013/04/24
  • メディア: Camera
  •  

 

カッパ、長靴を買う?

UNIQLOの技術力すげえってなったわけですが、ブロックテック素材の撥水力がいつまで続くのかやや不安です。

荷物の身軽さとトレードオフになってしまうので悩ましいですが、素直に雨合羽と長靴は用意したほうがいいかもしれません。

 

まとめ

雨の日の撮影に軽装備で挑んだがために、カメラ・レンズの保護の観点で危ないことをしました。

服装は好みの問題になりますが、少なくともカメラのレインカバーは用意して、安全・安心な撮影環境を整えたいと思います。

 

カメラネタはこちらもどうぞ

dr-lifehack.hatenablog.com

dr-lifehack.hatenablog.com

dr-lifehack.hatenablog.com

キヤノンのAPS-Cコンデジ、PowerShot G1X Mark IIIがサブ機の最適解に見える

f:id:dr_lifehack:20171027002930j:plain

6Dよりも安くなるなら第一候補になる。

 

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2017-10/pr-g1xmk3.html

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g1xmk3/feature-highquality.html

11月に発売されるというキヤノンのコンパクトデジタルカメラPowerShot G1X Mark III。

なんと、APS-Cサイズのセンサーを搭載しながらにして旧型機よりも小型・軽量化しているというバケモノ。553 gから399 gだから、文庫本一冊分くらいの重量変化でしょうか。それにAPS-Cセンサーかつズームレンズ搭載となると、市場ではおそらく唯一無二の存在になります。

 

私はEOS 7Dをメイン、SONYコンデジをサブとして使用しています。使い分けはおおまかに以下の通りです。

EOS 7DAPS-Cセンサー、デジタル一眼レフ

  1. スポーツ写真(競馬)
  2. 写真が目的のお出かけ
  3. 同窓会などイベント事のカメラマンとして

Cybershot HX9V(1/2.3型センサー、コンパクトデジタルカメラ

  1. 遊びが目的のお出かけ(テーマパーク)
  2. デジタル一眼レフだと浮きそうな時
  3. 日常の記録(ラーメン屋)

 

EOS 7Dは本体だけで820 gもするわけで、写真撮影が第一目的でないときは持ち出すのがとても億劫。持っていったはいいけど、数枚しか撮らなかったなんてこともしばしば。

それで身軽さ重視でSONYコンデジを使用する機会も多いのですが、やはり7Dと比較してしまうと画質面で劣ります。

 

こういう現状にあって、

  • APS-Cセンサー
  • 小型・軽量
  • ズームレンズ搭載

のG1X Mark IIIは現時点で最強のサブ機になるのではなかろうかと期待しています。

 

あとは価格の問題ですね。Canonのオンラインショップだと、税込みで14万円弱。この価格帯だと、メイン機を軽くするという発想でフルサイズセンサーのEOS 6Dも視野に入ってきます。さてどうしたものでしょうか。

Amazonの「あとで買う」に追加した商品リストがどこにあるかわかった

f:id:dr_lifehack:20171021120311p:plain

そろそろBLUE GIANT SUPREME最新刊の発売日と思って、「あとで買う」リストを表示させようとするも苦戦。AmazonのUIと格闘を続けること数分、どこにあるのかわかりました。

 

結論

右上の「カート」を押すとショッピングカートの下に表示されます。お試しあれ。

www.amazon.co.jp

 

ちなみにこんな感じ▼

f:id:dr_lifehack:20171021120441p:plain

考えてみれば当然で、「あとで買う」ボタンって、レジの直前で今回はこれ買わなくていいやってカートから除外するためのものなんですよね。灯台下暗しでした。

横幅70mm未満。AQUOS R compact、SIMフリー版出ないかな…。

 f:id:dr_lifehack:20171017232536j:plain

小型スマホに乗り換えようとかれこれ半年ほど新製品をウォッチしています。

9月のはじめに自分用のメモとして機種変候補をまとめましたが、どれも決め手に欠ける現状。

dr-lifehack.hatenablog.com

 

そんななか、SHARPから横幅66 mmというAQUOS R compactが発表。

www.sharp.co.jp

横幅70 mm未満を自分の中の基準にしていたので、その点はクリア。9.6 mmというしっかりとした厚みは小型スマホの宿命でしょうか。

 

 発売日や価格などは未定ですが、2017年冬モデルと称していることから、近日中にキャリアモデルとしての発表がありそうです。

シャープが三辺超狭額縁スマホAQUOS R Compact発表。4.9インチフリーフォームパネルを採用 - Engadget 日本版

AQUOS R(compactではない)は結局docomoausoftbankモデルでしか出なかったみたいなので、compactのSIMフリー版も望みは薄いのかもしれないですが、SHARPは過去にSIMフリーの小型スマホを出していますし、ほんのちょーっとだけ期待して待っときます。

 

www.sharp.co.jp

ノートPCにワイヤレスキーボードを接続してミスタイプを解消する【Logicool K380BK Bluetoothキーボード】

f:id:dr_lifehack:20171011003938j:plain
f:id:dr_lifehack:20171011003855j:plain

いわゆるミニマリストの大ひんしゅくを買うかもしれないですが、ノートPCで使用するためのワイヤレスキーボードを購入しました。このブログでも度々登場していますが、現在使用中のFUJITSU LIFEBOOK AH77/Mの打鍵感がどうしてもしっくりこなくて…。やっぱりカタログスペックだけで判断して通販購入したのは愚かでしたね。反省。

 

ノートPCの手前に別途キーボードを置くなんて自分でも結構アホだと思って、ここ数ヶ月買うか買わざるか相当迷いました。でも、ノートPCで一番使用する機能はタイピングだろ!と自分を納得させる屁理屈をこねまわして買っちまいました。

 

結論として、今のところは買って良かったと思っています。大きめの家電量販店で実機を触りまくって選んだ機種なので、打鍵感は申し分なし。ミスタイプも相当減りました。

 

Logicool K380

f:id:dr_lifehack:20171011003935j:plain

私が購入したのは円形のキーが特徴的なLogicool K380のブラック。このタイプライターのような円形キーがいい仕事をしています。見た目にかわいいだけじゃなくて、カドが取れている分余白が大きくて、隣のキーを同時に押してしまうようなことが少なくなりました。これがミスタイプの減った要因ですね。

 

PCとのBluetooth接続もスムーズにできました。

Windows10の場合

  1. 設定>デバイス>Bluetoothとその他のデバイスの設定>Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する>Bluetoothと進む
  2. キーボードのF1ボタンを3秒間長押しでペアリング状態にする(F1の上のインジケーターが点滅します)
  3. キーボードが検出されるので、追加する
  4. PCに表示された6桁のPINコードを入力する

1と2は順番が前後しても大丈夫かと思われます。

3分もあればできます。

 

使用する機会はそれほどない気がしますが、3台のデバイスを登録できるのが当機種の特徴なので、一応スマートフォンXperia Z1とも接続しました。こちらもPCとほぼ同様の作業です。こちらはF2に割り当てました。F1~F3がデバイスの切り替えボタンになっているので、あと一台登録できます。

使用イメージをつかむにはAmazonの商品ページにある動画をご覧になるのが、一番手っ取り早いです。

 

まとめ

  • 手持ちのノートPCの打鍵感に納得がいっていない場合、好みのワイヤレスキーボードを接続するとストレスが減ります。
  • 無駄なスペースを取ること、無駄金を使っている気がすることを気にしなければオススメします。少なくとも僕は買って正解でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

さっさと買っちゃえばよかったな…。

 

パソコンまわりのストレス解消ネタ

dr-lifehack.hatenablog.com

dr-lifehack.hatenablog.com

キングオブコント2017回顧【「にゃんこスター」の策士ぶりと前フリVTRの重要性】

f:id:dr_lifehack:20171006233846p:plain

10月1日にTBSで放送された『キングオブコント2017』を回顧。

 

むちゃくちゃ面白かった、にゃんこスター

なんならにゃんこスターしか思い出せないくらい。

 

にゃんこスター、むちゃくちゃ賢いと思った。

キングオブコント(というか審査員?)をよく研究して、効率よく最短距離で点数を稼いだ印象。

 

構築的なネタで伏線を期待させるようなネタよりは、頭を使わせないで直感的に面白いと思わせるネタのほうが点数につながりやすい傾向にある気がする。これまでの大会でいえば、ロッチの試着室のやつ、バンビーノのマッサージのやつ、ライスの勘弁してくれぃのやつ。

 

ダウンタウンの松本さんが「ある種の憎たらしさが笑いには重要で、ウンタラ、カンタラ、」みたいなことをにゃんこスターのネタ後にコメントしていたが、コロチキの卓球ネタもそんな感じよね。ネタ終わりまで一言も発さず、音楽に合わせて憎たらしい動きをするという構図はコロチキにインスパイアされたのでは、と勝手に推測する。

 

今回の大会でにゃんこスターが大爆発したのは、ネタ前VTRの助けも大きかったと思う。

コントの終わり方じゃないだろあれ~

しずる・村上

が、壮大なフリになっていた。

驚くんじゃないですかね。何だこいつらって。僕の中のお笑いの方程式、ガラッと変えられましたね。

バイきんぐ・小峠 

これは、お笑い界変わる。長めにお笑いブームって続いてきたけどやつらがキングになったら、ちょっと次の局面に入る気がする

伊集院光

で、直感に訴えかけるストレートなネタが一周回ってそれっぽく見えた。

 

にゃんこスター、むちゃくちゃ面白かったなあ。

 

まとまりに欠けますが、おしまい。

お読みいただきありがとうございました。

 

ふと思い出して無性に見たくなるネタたち【オードリー若林・アルコ&ピース・ナイツ・巨匠】

サツマカワRPGの猪木ネタに新時代を感じた【さんまのお笑い向上委員会】

凱旋門賞2017回顧【エネイブル、ライアン・ムーア】

f:id:dr_lifehack:20171006000002j:plain

日本馬にとってはまたしても厳しい結果となった。JRAのオッズで2番人気を背負ったサトノダイヤモンドは15着、僚馬サトノノブレスは16着に終わった。

 

下馬評通り、勝ったのはイギリスの3歳牝馬エネイブル。これで4歳以上牡馬はディラントーマスの優勝以来、10年連続で勝利から遠ざかっていることになる。ハンデの影響を考えても、エネイブルの強さは際立っていたが。

 

結果的には9着に終わったが、ウィンターに乗ったライアン・ムーアの勝負師たるところを見せつけられた。スタートを切るやいなや内へ内へと進み、イキートスを弾き飛ばすほど強引に最内の射程園を確保。これは16年のファウンドと同じ動き。こういうポジショニングを当然のようにできるのが一流の証といったところだろうか。

もしくはこれがオブライエン勢のチームプレーの結果なのか?集団を引き連れて外へと進んだアイダホ、オーダーオブセントジョージらがウィンターを手助けしているように見えなくもない。

 

凱旋門賞が終わると必ず出る話題が、「どんな日本馬なら凱旋門賞を勝てるのか」。同じサトノでもクラウンだったらなんてタラレバ論は野暮なのでやめておく。きっと多くの日本の競馬ファンが望んでいるのは、凱旋門賞への適性が高い日本馬が勝つことではなくて、日本で最強クラスの馬が凱旋門賞を勝つことだろう。元も子もない話だけど、凱旋門賞にも適性のある日本最強馬の出現を気長に待つしかない。

 

dr-lifehack.hatenablog.com

 

がんばれサトノダイヤモンド!【凱旋門賞2017】

f:id:dr_lifehack:20171001224806j:plain

f:id:dr_lifehack:20171001225014j:plain

日本競馬界の夢を乗せて、がんばれサトノダイヤモンドサトノノブレス

dr-lifehack.hatenablog.com