博士学生のLife Hack

博士学生のLife Hack

博士課程の日々を、あらゆる面から効率化するためのあれこれをメモしていく。

SIMフリーの小型スマホが欲しい【Huawei・SHARP・Apple】

f:id:dr_lifehack:20170907224915j:plain

僕が愛用し始めてもうすぐ4年になるXperia Z1

 

買った時から薄々気付いてはいたんだけど…

 

でかい。

 

動画視聴やスマホゲームをほとんどしないので、大画面は必要なかった。僕の小さめの手だと、片手操作でタッチが届かないことや手を滑らせそうになることが多々あって、そのたびに小さなストレスを溜め込んできた。

 

当時海外に行く用事があって、充電がすぐに切れるXperia acroでは心許なかろう、と勢いで機種変更してしまったのがミスチョイスの原因。抜群の物持ちの良さでもう4年弱も経ってしまったんだね…。

 

次の機種変更では絶対に満足いくスマホにするんだ…!

Android 4.4.2の相棒も、そろそろ反町隆史に変更すっぞ!

ついでにdocomoから格安SIMに乗り換えたいぞっ!

 

ということで、

SIMフリーの小型スマホを物色します

 

求めるスペックでトライアル

1|握りやすさ

「ディスプレイサイズが小さい」=「握りやすい」ではない。

握りやすさを決めるポイントは、筐体の横幅だと思っている。

 

f:id:dr_lifehack:20170901234851p:plain

 

同じインチ数でも、一番右が一番握りやすそうじゃないですか?

ですので、小型スマホが欲しくてカタログで探す場合に見るべきは、シンプルに寸法

 

その点を気づかせてくれたのは、悲しきかな、Galaxy S8格安SIMに乗り換えようとしているのに。

docomoショップをぷらぷらして触った際に、あまりの握りやすさに驚いてしまった。5.8インチディスプレイですよ、これ。横幅は68 mmです。

 

「握りやすさ」=「横幅70 mm以下」 

 

この時点で相当な数のスマホが脱落しているはずだ。 

 

2|Xperia Z1より処理能力が高い

せっかく機種変更するのに、処理能力が下がったら悲しいし、それこそストレスの種になりうる。

Xperia Z1は当時のフラッグシップモデルなので、ここはわりと厳しい条件かもしれない。

 

カタログスペックだけで判断するのもどうかと思うが、

クロック 2.2 GHz
コア数 4コア
RAM 2 GB

これに勝るとも劣らない総合力を求めたい。

 

スペックトライアルを勝ち抜いた精鋭3機

名称 P10 nova AQUOS mini SH-M03
メーカー Huawei Huawei シャープ
OS Android 7.0 Android 7.0 Android 6.0
横幅 (mm) 69.3 69.1 66
縦幅 (mm) 146 142 126
厚さ (mm) 7.0 7.1 8.9
重さ (g) 145 146 120
画面サイズ 5.1 5.0 4.7
電池容量 3200 mAh 3020 mAh 2810 mAh
クロック 2.4 + 1.8 GHz 2.0 GHz 1.8 + 1.4 GHz
コア数 8 8 6
RAM 4 3 3
その他 NFCテザリング テザリング ワンセグおサイフケータイNFC、防水、テザリング

(各メーカーHPより抜粋)

 

Huawei P10 

本命中の本命ですよね。横幅 69.3 mmでギリギリ許容範囲か。

家電量販店の格安SIMの営業マンが猛プッシュしているさまをよく見かけます。

モノクロとRGBのイメージセンサーをそれぞれ搭載した、いわゆるデュアルカメラである点が特徴的。メーカーHPから判断しても、カメラ機能をプッシュしているのがわかります。カメラ機能にも妥協したくない場合、P10が一歩リードですかね。

 

Huawei nova

対抗中の対抗。横幅 69.1 mm。許容範囲内。

P10のような高機能なカメラを求めない場合、次点でnovaになるのかな。価格も手頃でコスパ優秀。だが、NFCに対応していないのが難点bluetoothイヤホンの接続や、コンデジスマホ間の認証に手間取りそうで…。

 

SHARP AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

 

ダークホース。横幅 66 mm

厚みがあるので、握りやすさはHuaweiの2機とほぼ同等と思われるが、軽いのが嬉しい。ぜひ実機を触ってみたい。お店にあるかな…。ベゼルレスなのもいいなあ。

通信速度がHuaweiの2機よりも遅めなのがネックだろうか。

 

物色の結果

Huawei P10、novaの2機は実店舗でも触ったことがあってまあ許容範囲かな、という握りやすさでした。AQUOS miniは完全にノーマーク、実機を見て判断したいところです。

 

価格を考慮する

Amazon価格だと

P10 >> Nova > AQUOS mini

 

P10とNovaの差に3万円出せるか?と聞かれたら

ちょっと厳しいかも…。

 

終結

1着 Huawei nova

2着 Huawei P10 ハナ差

3着 SHARP AQUOS mini SH-M03 アタマ差

他着外

 

不具合が出ない限りはXperia Z1を使い続けるつもりなので、今後も物色は続けようと思います。全世界的に、ディスプレイが大型化していく流れにあるので、待ったとして『これぞ』という機種に出会えるかわかりませんが…。

 

novaはNFCに対応していれば、最適だったのになあ。スマホのカメラは記録用と割り切っているので、P10はオーバースペック気味。となるとAQUOS miniが…。とか考えているうちにまた新機種が出るんですよね。

 

そして気づいた、結局iPhoneが選ばれるんだなって

僕はずっとAndroidユーザーなので、iPhoneは見ないふりをしてきました。けれど機種変更を見据えて物色をすればするほど、iPhoneの総合力の高さに気付かされました。

 

現行のラインナップでも、iPhone 6s, 7, 8と横幅 67 mm台をキープし続けていますし、5.8インチのiPhone Xでさえ70.9 mmにまとめています。

iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)

 

さらに、iPhone 8, Xの発表と同時にiPhone 7の価格が下げられた今、Huawei P10とiPhone 7はほぼ同等の価格で手に入るのだ。

 

一般には、OSなんてなんでもいい勢が大半でしょう。

日本だとみんな使っているし、見た目が洗練されているiPhoneを選ぶのも納得。

 

 

Androidユーザーとしての無意味なプライドを持っている私は今さらiOSに寝返るのもなあと悶々とするのでありました。(完)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

私のスマホ選びの葛藤がどなたかのためになれば幸いです。

 

モノ選びってホント楽しいなあ。

小型スマホが増えてほしいなあ。

 

Huawei 5.1型 P10 SIMフリー

Huawei 5.0型 nova SIMフリー

AQUOS mini SH-M03 SIMフリー