博士学生のLife Hack

博士学生のLife Hack

博士課程の日々を効率化するためのあれこれ。と趣味のログ。

ノートPCにワイヤレスキーボードを接続してミスタイプを解消する【Logicool K380BK Bluetoothキーボード】

f:id:dr_lifehack:20171011003938j:plain
f:id:dr_lifehack:20171011003855j:plain

いわゆるミニマリストの大ひんしゅくを買うかもしれないですが、ノートPCで使用するためのワイヤレスキーボードを購入しました。このブログでも度々登場していますが、現在使用中のFUJITSU LIFEBOOK AH77/Mの打鍵感がどうしてもしっくりこなくて…。やっぱりカタログスペックだけで判断して通販購入したのは愚かでしたね。反省。

 

ノートPCの手前に別途キーボードを置くなんて自分でも結構アホだと思って、ここ数ヶ月買うか買わざるか相当迷いました。でも、ノートPCで一番使用する機能はタイピングだろ!と自分を納得させる屁理屈をこねまわして買っちまいました。

 

結論として、今のところは買って良かったと思っています。大きめの家電量販店で実機を触りまくって選んだ機種なので、打鍵感は申し分なし。ミスタイプも相当減りました。

 

Logicool K380

f:id:dr_lifehack:20171011003935j:plain

私が購入したのは円形のキーが特徴的なLogicool K380のブラック。このタイプライターのような円形キーがいい仕事をしています。見た目にかわいいだけじゃなくて、カドが取れている分余白が大きくて、隣のキーを同時に押してしまうようなことが少なくなりました。これがミスタイプの減った要因ですね。

 

PCとのBluetooth接続もスムーズにできました。

Windows10の場合

  1. 設定>デバイス>Bluetoothとその他のデバイスの設定>Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する>Bluetoothと進む
  2. キーボードのF1ボタンを3秒間長押しでペアリング状態にする(F1の上のインジケーターが点滅します)
  3. キーボードが検出されるので、追加する
  4. PCに表示された6桁のPINコードを入力する

1と2は順番が前後しても大丈夫かと思われます。

3分もあればできます。

 

使用する機会はそれほどない気がしますが、3台のデバイスを登録できるのが当機種の特徴なので、一応スマートフォンXperia Z1とも接続しました。こちらもPCとほぼ同様の作業です。こちらはF2に割り当てました。F1~F3がデバイスの切り替えボタンになっているので、あと一台登録できます。

使用イメージをつかむにはAmazonの商品ページにある動画をご覧になるのが、一番手っ取り早いです。

 

まとめ

  • 手持ちのノートPCの打鍵感に納得がいっていない場合、好みのワイヤレスキーボードを接続するとストレスが減ります。
  • 無駄なスペースを取ること、無駄金を使っている気がすることを気にしなければオススメします。少なくとも僕は買って正解でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

さっさと買っちゃえばよかったな…。

 

パソコンまわりのストレス解消ネタ

dr-lifehack.hatenablog.com

dr-lifehack.hatenablog.com